ものづくりベンチャーTBMの
モノ、情報、お金の流れを全体最適化するSCMチームとは

2020 6/01

こんにちは。開発・生産本部の川上です。今回は、SCM(サプライチェーンマネジメント)チーム@TBMについて詳しくご紹介します!

目次

#1. SCMとは

SCM=サプライチェーンマネージメントのサプライチェーンとは、原材料を調達してお客様に商品をお渡しするまでの生産・物流のプロセスです。

  • モノの流れ

原材料調達→生産・製造→物流・流通→販売

  • 関わる人の流れ

サプライヤー→メーカー→物流業者→卸売・小売事業者→エンドユーザー

  • 情報・お金の流れ

エンドユーザー→卸売・小売事業者→物流業者→メーカー→サプライヤー(「関わる人の流れ」と逆方向)

これらモノと情報とお金の流れの全体最適化を図るチームがSCMチームです。

#2. SCMチーム@TBMのミッション、推進体制

TBMのSCMでは日本国内で採掘した石灰石を用いて紙、プラスチック代替素材となるLIMEXをお客様の元にお届けしてきました。今後は世界各国で生産量を増大させ、SCMの最適化を目指し、一元的に管理を行っていきます。

推進体制:原材料調達は調達担当、生産・製造は生産管理担当、物流・流通は物流担当を配置。

#3. なぜ発足したのか

今後、2社購買の推進、生産量の増加、海外生産委託先の拡大、海外輸出入に伴う物流の増大に伴い、これまでよりも、より業務を強化していくニーズが高まったことで、発足に至りました。

※2社購買とは…調達する際、2社以上のサプライヤーから購買すること

#4. 今後の展望

LIMEXの主原料である石灰石は、日本国内だけでなく世界中で採掘できる鉱物資源です。数億年前の貝やサンゴの死骸から生成した石灰石は、長い年月をかけて地表に隆起してきました。この世界各国で採掘出来る石灰石を用いて、地産地消のLIMEXを生産し、世界中の人々に当たり前に使っていただくことを目指して行きます。

この記事について

目次
閉じる