Same Boat Meeting|TBMの社内制度を知る

2020 5/27

こんにちは。株式会社TBM 経営企画本部の坂本です。「制度紹介」シリーズでは、TBMでどのような社内制度が導入されているのかをご紹介します!

目次


#1. Same Boat Meeting(全社集会)

月に1度、全メンバーで集まり、事業・組織進捗やマネージャーからの提言、社長・マネジメント層からのメッセージ発信を行う場です。また以下のような表彰も設けています。

  • 架橋賞:毎月各1名

a :目指すべき組織及び年間目標を達成する為に全社で最も貢献した人 | 投票者 CXO+部門長
b :目指すべき組織になる為に貢献した人を全社員各々で推薦投票 | 投票者 全社員

  • Best Rookie賞:毎月1名

入社後半年以内のメンバーが対象、目覚ましい活躍をした人 | 投票者 CXO+部門長

  • Engagement賞:四半期毎1部署(チーム)

エンゲージメント向上に貢献した部署(チーム)への表彰 | 投票者 CXO+部門長

#2. 導入背景

組織が急拡大していく中で、部門別の進捗だけでは、会社の動きと各メンバーが行っていることとの繋がりが見えづらくなってきていました。そのため、2020年の1つのスローガンに紐づく組織横断の4つのゴールを設定して、各アクションを紐づけた年間計画を構築しました。その計画に対する主要な進捗を各メンバーから取りまとめて報告すると共に、社長・マネジメント層が向き合っている現実や課題感を生の声として共有してもらいます。 その場に参加することで、会社を「自分ゴト化」することを目的としています。毎回参加したメンバーからのアンケート結果を参考にしながら、改善を進めています。

#3. Same Boat Meetingの様子

毎月代表がメンバーにメッセージする時間を設けています
COO 坂本からBio Face プロジェクトについて説明
あわせて読みたい
ユニコーン企業 TBMの「◯◯制度」全部見せます!?
ユニコーン企業 TBMの「◯◯制度」全部見せます!?こんにちは。コーポレート・コミュニケーション本部の増田です。TBMは、2019年11月3日に日本経済新聞で発表された「NEXTユニコーン調査」で第2位にランクイン、国内6番...

この記事について

目次
閉じる