TBMの各本部を紹介します!コーポレート・コミュニケーション本部編

2020 5/03

こんにちは。コーポレート・コミュニケーション本部の島津です。TBMの組織体制を知ることができるこのシリーズでは、各本部の機能やミッション、どのような体制で取り組んでいるのかをご紹介します!

目次

#1. コーポレート・コミュニケーション本部の機能・ミッション

私たちの仕事は、TBMのフロントラインに立って、会社の成長やビジョンを可視化し、会社のニュースを自らつくり、TBMをグローバルに広めていく仕事です。具体的には、アウター、インナーの広報及びブランディング、広報活動と連携した採用、我々の経営の特徴であるサスティナビリティ活動、自社のメディアの運営、そして、パートナー企業、団体と連携してLIMEXを面で普及させるソーシャルアクションになります。

#2. 組織体制

  • ž全体統括(部長) 1名
  • メンバー 13名

    ※2020年4月時点

#3. 最新のニュース

  • 内閣官房 国際広報室公式CMにてTBMを紹介

内閣官房 国際広報室による、世界への日本PRを目的とした公式CMの中で、TBMを紹介して頂きました。本CMは、日本政府の外交時や海外イベントにて使用される他、総理官邸公式Youtubeチャンネルや海外メディアでも放映予定です。石灰石を主原料とする日本発のLIMEXの特徴や、LIMEXのアップサイクルによる資源循環モデルの発信を通じて、 LIMEX 事業のグローバル展開を加速させていきます。

  • TBM、2019年度CDP企業格付けで「B」ランクに認定

CDPは、運用資産総額96兆米ドルを抱える525以上の投資家等を代表して、投資家・企業・都市が自らの環境影響を理解し持続可能な経済を構築するための早急な取組みを促し、企業や都市の気候変動・水セキュリティ・森林に関する情報を収集・評価しているNGOです。SustainAbility社による『Rate the Raters 2019』において、ESG評価機関として主要11社のなかで最も高い評価を得ています。

CDPの質問票への回答を投資家から要請されるのは、日本では大手企業500社のみですが、TBMはサステナビリティを事業の核に据える企業として、「気候変動」や「水セキュリティ」を事業戦略や活動の重要事項と捉え、CDPの質問票に2017年から自主回答を続けています。

2019年度は、「気候変動」および「水セキュリティ」で共に「B」ランク企業に認定されました。

詳しくはコチラ>>>

  • TBM 代表取締役 CEO の山﨑敦義が、 「EY アントレプレナー・オブ・ザ・イヤー 2019 ジャパン」 Exceptional Growth 部門「大賞」を受賞

日本のアントレプレナーを国際的なステージに輩出す る、EY Japan 主催のアントレプレナー表彰制度「EY アントレプレナー・オブ・ザ・イヤー 2019 ジャパン(EY Entrepreneur Of The Year 2019 Japan:以下、EOY 2019 Japan)」に参加し、Exceptional Growth 部門「大賞」を 受賞致しました。また、モナコ政府観光会議局より、今後グローバルでの更なる活躍を期待されるアントレプレナー に授与される「グローバル・エクスペリエンス・モナコ賞」を受賞しました。

詳しくはコチラ>>>

ž

  • D&Iの取り組み

TBMでは、多様な人材がお互いを理解し、尊重し合うことで、生産性を高め、イノベーションを促進する「ダイバーシティ&インクルージョン」(以下D&I)を推進しています。TBMのグローバル展開には、多様性を強みとする組織づくりが不可欠だと考えています。

TBMの取組をいくつかご紹介致します。

D&I 通信の発行

D&Iに関する関心を高め、各個人が配慮ある行動ができるよう、ジェンダー、人種、宗教等に関するナレッジを共有する「D&I 通信」を2018年11月より社内に発信しています。

・社内イベントの開催

D&Iというコンセプトに触れ、「理解する」するだけでなく、社員同士が語り合い「共感する」機会として、社内イベントを開催しています。

例えば、「国際女性デー (International Women’s Day)」には、ジェンダー平等実現のためのプラットフォームである「HeForShe」への署名活動を従業員で実施したり、この日を象徴するミモザの花で、東京本社、東京サテライトオフィス、東京ラボ、白石工場を装飾するなど、全従業員がこの日を自分ゴト化できる様な取組を実施しています。

詳しくはコチラ>>>

  • 21年卒新卒採用を開始致します

当社の社名「TBM」には、Times Bridge Managementの頭文字を取り「100年後も残る技術や事業を創り、時代の架け橋となる会社にしたい」という想いが込められています。当社は日本の ”モノづくりの力” を結集し世界へ挑む、ユニコーン企業です。グローバルに羽ばたき、新素材LIMEXを通じてサーキュラー・エコノミーを社会実装し、サステナブルな価値を生み出す集団です。未来に橋を架ける、皆さんのご応募をお待ちしています。

詳しくはコチラ>>>

#4. 今後のビジョン


コーポレート・コミュニケーション本部は、TBMの企業理念の実現に向けて、①コミュニケーションチーム(Global  PR、CSR、WEB)、②サステナビリティチーム、③ピープルコミュニケーションチーム(採用、組織開発)、3つのチームで構成されています。多様な叡智を持ち、若いメンバーを中心に環境・社会課題の解決にリスクテイクした挑戦者が集まっています。CC本部はTBMの中で、あらゆる部署と連携しながら、会社や組織の成長をビジョナリーに具現化し、コアバリューとも言える「サステナビリティ」を経営にインストールする中核的な役割を担っていきます。

この記事について

目次
閉じる