TBMの各本部を紹介します!海外事業部編

2020 5/14

こんにちは。コーポレート・コミュニケーション本部の村上です。TBMの組織体制を知ることができるこのシリーズでは、各本部の機能やミッション、どのような体制で取り組んでいるのかをご紹介します!

目次

#1. 海外事業部の機能・ミッション

日本発の新素材LIMEXを世界に広めるミッションの下、企画・マーケティング、セールス(営業)、パートナーとのアライアンスを推進している部署です。

#2. 組織体制

  • 全体統括(部長) 1名
  • メンバー 2名

※2020年4月時点

#3. 最新のニュース

  • Limex Mongolia LLC、モンゴル国家開発庁と基本合意締結、モンゴルでの LIMEX の事業化に向けた検討を開始


水や森林の乏しいモンゴルにて、モンゴル政府、ならびにモンゴル企業とLIMEXの製造工場、およびアップサイクルを通じた循環型のモデルを構築する基本合意を交わしました。LIMEXの技術でモンゴルに新しい持続可能な環境、産業、雇用を創出し、貧困の撲滅の一助となれるよう、取り組んで参ります。

詳しくはコチラ>>>

  • TBM、Yuzi社、伊藤忠商事、XinJin社との中国・河南省でのLIMEX事業に関する基本合意締結

河南省政府系ファンド、中国を代表する大手コングロマリット、及び日本を代表する大手総合商社である伊藤忠商事と中国・河南省地域におけるLIMEXの事業展開に向けた基本合意を締結致しました。LIMEXの工場建設を含む事業規模は約100億円を見込んでおり、河南省の新しい産業と雇用の創出に貢献すること、及び河南省から中国全土に展開できるような経済性と環境性を両立する循環型経済の先行モデル確立を目指して参ります。

詳しくはコチラ>>>

#4. 今後のビジョン


上記のような新規工場建設のプロジェクトは雇用や産業へのインパクトが大きく、非常にやりがいのある仕事ですが、同時に、LIMEXは既存のプラスチック成型工場で製造できるレシピの開発ができたので、新しい工場や設備に投資をせずとも、今、プラスチック素材や製品を成型している工場(脱プラの中でアイドルしてしまう工場)ですぐにも作っていただくことができ、スピーディに拡販していく素地が整いました。私たちはこれから、一気に世界にLIMEXを広げていきたいと考えています。

LIMEXをスピーディに普及させるべく、私たちはファブレスモデルを推進します。技術ライセンス提供またはOEMにより、各国で現地パートナー企業と組んで、世界にLIMEXを広げます。

日本では確実に実績が積みあがっている一方で、海外はこれからゼロからイチをつくっていくフェーズであり、その過程では泥臭い作業を積み重ねる必要があります。海外事業部は最後まで食らいついてやり抜くハングリー精神をもった方が活躍できる組織だと思います。

この記事について

目次
閉じる