海外出張報告会|TBMの社内制度を知る

2020 5/03

こんにちは。株式会社TBM コーポレート・コミュニケーション本部の村上です。「TBMの社内制度を知る」シリーズでは、TBMで、どのような社内制度が導入されているのかをご紹介します!

目次

#1. 導入された背景

TBMはグローバル展開を進めている為、海外出張の機会が多くあります。勿論、社員全員が海外出張に行くことが出来る訳ではありません。だからこそ、海外出張を経験したメンバーから、世界各国にて肌で感じた期待や海外事業の進捗を、他のメンバーに共有する海外出張報告会を行っています。会社全体を自分ゴト化する為の機会として用意しています。

#2. これまでの実例

過去には以下の海外出張に関する報告会を実施しています。

2018年12月 ポーランド出張報告
内容:ポーランドで開催されたCOP24(第 24 回国連気候変動枠組条約締約国会議)に日本政府代表団として参加
シリコンバレー視察
2019年10月 中国出張報告
内容:河南省でのLIMEX事業に関するMOU他

#3. 執筆者の一言


日本のみならず世界各国で環境問題に対する取り組みが強化されている中、現地に出張して各国の政府、企業等関係者の声を直接聞くことができるのは貴重です。海外出張報告を通じて、TBMはグローバルでの貢献を期待されている企業であることを改めて実感することができ、社員全体のモチベーションが高まります。また、出張者にとっても報告会を通じて社内の期待感を感じ、次への活力となる等、会社の一体感を醸成する非常に良い機会となっています。

この記事について

目次
閉じる