橋会|TBMの社内制度を知る

2020 5/03

こんにちは。株式会社TBM コーポレート・コミュニケーション本部の増田です。「TBMの社内制度を知る」シリーズでは、TBMで、どのような社内制度が導入されているのかをご紹介します!

目次

#1. 橋会とは

月に1度を目安に、創業者である山﨑と部署別にランチやディナーの機会を用意しています。

従業員が創業メンバーの一員として、創業者と直接語らい、想いや、思考、価値観に直に触れる機会としています。社長の創業時のエピソードに対する質問なども飛び交います。

#2. 導入背景

この濃密な時間の蓄積が、数年後の組織力に直結すると考えています。

組織の急拡大に伴い、社員が創業者と直接関われる機会が必然的に少なくなることが想定される中で、今出来ること実施すべく、橋会を導入しています。

#3. これまでの橋会の様子

2018年に初めて開催された橋会 presented by CC本部の様子です。各部署毎で、オリジナルの催し物が行われることも橋会の特徴です。例えば開発・生産本部は、各メンバーの10年後の目標を掲げた巻物とLIMEX製の花を作って社長 山﨑にプレゼントしました。

この記事について

目次
閉じる