ものづくりの中心部、開発チームのミッション、ビジョン教えます!

2020 11/26
目次

#1. 開発本部の機能・ミッション

開発本部は新製品の開発、既存製品の改良を主なミッションとしています。LIMEXシート、インフレーション製品(LIMEX Bag)、食品容器などのアプリケーションを広げることやアイテム毎の性能向上。対応可能なLIMEXシートの印刷方式の拡充を原材料選定、生産方法改良などで対応しています。ものづくりスタートアップであるTBMでは、企画から開発、製品ローンチまで、スピード感を持って推進しています。いかに早く品質を高められるか、生産安定性を維持して製品をローンチさせるかが重要となっています。

国内では、プラスチックや紙の代替として用途の幅が広がり、営業本部と連携した新製品開発を行っています。海外からのLIMEXへのニーズも高まり、品質保証やサプライチェーンなどの領域で海外企業との連携も増えてきています。新型コロナウイルス感染拡大前には、開発のメンバーが海外の各国に赴いて、現地パートナーとLIMEXの生産技術に関する徹底的な検証を行ってきました。海外の大型ファンドや政府系機関などに向けてLIMEXの技術面について発信したり、最新のメガトレンドをキャッチして開発につなげたりと、果たすべき役割の幅も広がっています。

#2. 組織体制

  • 全体統括(本部長) 1名
  • マネージャー 2名
  • メンバー 14名

#3. 最新のニュース

東京ラボには、スタートアップとは思えない程、LIMEXの製造・評価に関する多様な設備が揃っています。外部機関に製造や評価を委託することもありますが、自社開発を進めていく上では、やはり自分たちの手で検証や評価を行うことが非常に重要です。例えば、今までは押出機から検証用のサンプルを製造していましたが、検証できる用途は限定的でした。最近では射出成型機を導入したことで、世界中から求められるプラスチック代替としての様々な用途の検証もスピーディーに実施可能になりました。

#4. 今後のビジョン

TBMは今後LIMEXや再生材料を50%以上含む「CirculeX」など、環境に配慮した素材の研究と、素材のポテンシャルを引き出す製品開発を更に加速させていきます。真のサステナブルな社会の実現に向けて、グローバルな社会問題に貢献するために、エコロジーとエコノミーの両立を追求していきたいと考えています。

この記事について

目次
閉じる